トレジャーリサーチ

トレジャーリサーチは返金できるの?噂を徹底調査!

トレジャーリサーチで返金トラブル?噂を徹底調査!

最近登場したビジネスといえばトレジャーリサーチではないでしょうか。

このトレジャーリサーチですがネットには色々な情報があり、正直どれが真実なのかわからない状態になっているとの声も有ります。

また人間には向き不向きがあります。ネットビジネスにも同じことが言えます。今回はこのトレジャーリサーチに関する情報を踏まえながらネットビジネスの返金に関するお話が出来たらと思います。

早速見ていきましょう。

過去に返金トラブルがあったのか?

トレジャーリサーチについて過去に返金トラブルがあったかどうかはわかりませんでした。

しかし、ネットビジネスでは返金トラブルが発生しているようです。そのトラブルは色々なケースがありますが、返金されなかったとか返金に関する条件を見ていなかったというもの聞きます。

どのようなビジネスでも今一度返金については十分に確認するべきです。特定の条件をクリアする必要がある場合も考えられます。

トラブルにならないよう自分でも確認する癖や週間をつけておくことでリスクを回避する事になります。

是非確認する習慣をつけましょう。

特別な事情があったときには返金できる?

ビジネスノウハウを販売する業者では基本返金が難しいという特徴が見受けられます。

その理由はどのサイトにも書かれていますが「対象では無い」という理由が当てはまります。元々消費者を守るために作られている制度なので消費者を守る必要が無い場合は適用されません。

例えば自らの意思で選択して購入したものについてはこの制度の適用外になる可能性が高いです。

トレジャーリサーチだけでなく他のネットビジネスも自分で調べ納得した上で購入しているなら返金というのは難しいと思います。

その点についてはよく理解しておく事をお勧めします。

返金方法については事前に調査しておく

今回はトレジャーリサーチについても絡めて話しましたが、ネットビジネスに関する返金については事前に調べておく必要があります。

返金等のトラブルに合う最大の原因の一つが確認不足によって引き起こされるケースが多いからです。

自分に合ったビジネスを見つけることが安定した収入を得るための近道と言えます。

トレジャーリサーチ以外のビジネスに挑戦するのも良いでしょう。その際には必ず返金に関する項目はチェックするといいでしょう。

トレジャーリサーチに初期費用は必要なのか?

トレジャーリサーチが人気な理由は初期費用にある?

トレジャーリサーチは最近登場したネットビジネスになります。

何となく聞いたことがあるという方、初めて聞いたという方もいらっしゃるでしょう。内容が気になるところです。

今回はトレジャーリサーチに関する情報について要点をまとめてご紹介します。

トレジャーリサーチのポイント

トレジャーリサーチのポイントとなるのはネットを使ったビジネスという点です。

ネットビジネスとはインターネットを使ったビジネスの事を指します。最近ではインターネットを使って仕事や作業が出来るようになったことで働き方がかなり変化しました。

そうした変化と共にネットビジネスも多様化しているように感じます。最近ではスマホやパソコンを使う為非常に手軽にはじめられるという特徴があります。

トレジャーリサーチもこのネットを使ったビジネスになります。どのようなネットビジネスをするかによっても違いますが、パソコンを使う仕事を選べば持っていない人は購入する必要があり初期費用がかかります。

既にスマホを持っている人でスマホで作業をする仕事を選べば初期費用はかかりません。

どのようなビジネスを選ぶかはご自身の判断で決めるのが良いでしょう。トレジャーリサーチではスマホもしくはパソコンを使って作業をするようです。

どちらか持っていれば問題は無いでしょう。

トレジャーリサーチのはじめ方

トレジャーリサーチを始める際に必要なものは、パソコンかスマホです。
また申し込みの際にはLINEを登録する必要があるので、パソコン作業が基本となる方でもLINEは必要となります。

LINEに必要事項が届くので、それに従って登録を進めてください。入金が完了したら作業に必要なツールや教材などが送られてくるので、晴れて作業開始となります。

このような方法で情報を得ましょう。作業内容については調べてみましたが情報は出てきませんでした。

気になる方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

株式会社LIMITの所在地の東京都台東区元浅草1-6-12-508とは?

株式会社LIMITはレンタルオフィス?

ネットビジネスとして2019年に新たに誕生した株式会社LIMIT運営の「トレジャーリサーチ」ですが、果たして信頼できる会社なのでしょうか?

この株式会社LIMITの事業所は東京都内にあるのですが、その住所は「東京都台東区元浅草1-6-12-508」となっています。この住所について調べてみるとレンタルオフィスであることが判明しました。

レンタルオフィスというものにマイナスの印象をもつ人も少なくないかと思います。トレジャーリサーチがどのような意図のもとレンタルオフィスを利用しているのか考えてみました。

レンタルオフィスを正しく理解した上で追求する

レンタルオフィスと聞いてイメージすることといえば「会社の実態がつかみにくい」「詐欺に利用されていそう」など、決して良い印象をもつ人は多くないでしょう。ただ、レンタルオフィスそのものをしっかり理解していない人が多い側面もあります。

そもそもレンタルオフィスとは、簡単に言えば「簡易事務所」に近いもので、そこには事務所機能やデスクなど、業務に必要な一式が最低限揃ったスペースを貸し出したものとなり、もちろんそこで業務をすることができます。

よく「バーチャルオフィス」と混同されますが、バーチャルオフィスはその言葉通り「仮想事務所」であり、そこで実際の業務をすることは不可能です。名義はあるものの実態が見えにくいといったイメージが指すのは、実際にはレンタルオフィスではなくバーチャルオフィスのほうになります。低コストで利用できることから悪用されやすい、という点でバーチャルオフィスはあまりいい印象を持たれていないのかもしれません。

その違いを理解した上で、東京都台東区元浅草にある株式会社LIMITの事業所は「GOGOオフィス」というレンタルオフィスになるので、実態がないということはありません。それだけで安心というわけではないですが、レンタルオフィスだから怪しいなどという先入観はもたないほうがよさそうです。社会的信用、そして実務という部分を天秤にかけた結果、まずはレンタルオフィスで起業するというケースもあると思います。

株式会社LIMITに関する情報からも追いかける

トレジャーリサーチの販売サイトには特定商取引表示があり、そこに株式会社LIMITに関する情報が掲載されています。ここに抜粋しました。

販売社名:株式会社LIMIT
運営責任者:岩田陽一
所在地:〒111-0041 東京都台東区元浅草1-6-12-508
電話番号:03-6721-5186
メールアドレス:contact@limit2020.com
受付時間:10時~20時(土日祝日休業)

電話番号やアドレスなどをしっかりと明示しているのは良い印象を持ちます。明示するのは当たり前のことですが、ネットビジネスの世界ではこれらを意図的に隠匿しているケースもあります。少なくとも今回はその例ではないので、安心材料としてカウントしていいと思います。

また責任者の岩田陽一という名前を検索してもそれらしき人物は出てきませんが、これからトレジャーリサーチが発展していけば嫌でも顔が出てくることになると思います。最初から顔などが公開されていたほうが印象がいいと個人的には思いますが、それらしき画像が判明したらここでまた紹介したいと思います。

以上の点から、気になる点がないわけではないですが、株式会社LIMITそしてトレジャーリサーチはネットビジネスの中では比較的安全な企業ではないでしょうか。業績が軌道に乗れば賃貸オフィスなどへ移転することも十分に考えられるので、その際にはまたここで追ってみたいと思います。

トレジャーリサーチは詐欺商材なのか?

トレジャーリサーチは詐欺商材なのか?悪質なデマにご用心!

トレジャーリサーチは詐欺なのか?

最近登場したトレジャーリサーチについては気になる点があります。

ビジネスとして利用できるのか、問題は無いのか、ネットビジネスには詐欺のものもあるといいますがその真意についてはわかりません。

なので今回はトレジャーリサーチに関する情報を調べまとめてみようと思います。

最後までお付き合い頂ければ幸いです。

「情報商材=詐欺」のイメージについて

こちらをご覧の皆さんにも、脳裏のどこかには「情報商材=詐欺」というイメージがあるのではないでしょうか。
もちろん実際に被害に遭われた方もいらっしゃると思いますし、その方はとても辛い思いをされたと思います。しかし、何の被害も受けたことがない人でも「情報商材は危険だ」という印象を持つ方が多いのではないでしょうか。

例えばマンション投資も、一部の悪質業者のせいで良い印象を持たれていません。しかし、実際にはやり方さえ間違えなければとても良質な投資です。情報商材も同じように、一部の悪質業者を除けば、良質なサービスを提供するものも多いのです。悪いニュースはあっという間に炎上してしまう世の中なので、やたらとイメージに残ってしまいますよね。

またライバル企業が「詐欺」「悪質」「危険」などと詐欺疑惑が絡むように仕向けている可能性も充分にあります。インターネットビジネスにおいては、根も葉もない流言飛語を簡単に流せてしまいます。良くない評判が目や耳に入ったら、その商品やサービスの購入を躊躇してしまうのはどんな人でもそうだと思います。デマを飛ばすのも、その情報を受け取るのも容易いことですが、鵜呑みにしないように注意したいところです。

トレジャーリサーチもその中身を探っていけば明確になるでしょう。次の項で紹介します。

トレジャーリサーチが詐欺かどうかはわからない

トレジャーリサーチについて調査してみましたが、詐欺かどうかについてはわかりませんでした。というのも情報が断片的でかつ信憑性にかけるからです。

ネットにある情報は正しいものも有りますが、その一方で正しく無い情報も有ります。

これを見極めるのは非常に困難です。本当にそうかもしれないという可能性を全てつぶす必要があるからです。

そこまでの手間や労力を割く時間はこの忙しい現代人にとっては難しいでしょう。また誰が公開しているか調べる事が出来ない場合もあるのでより判断が付きにくいです。

今回トレジャーリサーチについて調べてみましたが、ネットだけの情報や客観的意見だと判断する材料が少ない事から結論づける事は難しいと判断しました。

また、私が実際にやっているワケでは無いので安易に結論を出してもこの記事を読んだ方に当てはまるかどうかはわかりません。

直接の問い合わせが良いのではないかと感じました。